行政書士の年収はどのくらいなのか?

行政書士の資格は、難関な国家資格でもあり、資格取得をして独立したあかつきには、さぞ年収も高く、安定して仕事をしていくイメージをされている方も多いのではないでしょうか。
一般的に、行政書士の年収は他の資格と比較しても低いとしばしば言われます。
行政書士会が以前行ったアンケートによると、年商500万円以下と答えた資格者の割合がなんと75を超えていたという結果がでています。
つまり、行政書士の4人に3人は、日本のサラリーマンの平均年収を超えていない可能性があります。
ですので、行政書士だけの資格で独立することは収入面でかなり厳しいと考えた方がよりかもしれません。
他の士業の資格と組み合わせて業務を行っていく事が必要かもしれません。