クレジットカードの悪用例って?

1枚持っていれば、いざというときにとても便利なクレジットカードですが、実は諸刃の剣である面ももっており、悪用被害に遭ってしまうケースがありますので気をつけてください。
クレジットカードの悪用例としてもっともメジャーなのは、スキミングによる被害でしょう。
これは悪徳業者などがクレジットカードを利用した決済の際に、そのカードの情報を盗み取ってしまい、偽造カードを作って不正利用するというものです。
インターネットショップなどだけでの犯罪ではなく、実店舗の端末にスキミングをするための装置を取り付けてあるというケースが多いですので、あまり馴染みのないお店ではクレジットカードを使わない、などの対策をおすすめします。