フラット35を親子で利用することってできる?

フラット35を親子で利用すると返済期間を延ばすことが出来ます。
フラット35の年齢制限は、借り主さんが70歳未満、返済時に80歳未満となっています。
65歳であれば返済期間は15年未満となりますから、融資の額も限られてしまいます。
これが親子リレーを使う前提であれば35年ローンを組むことが可能になり、必要な資金を調達出来るというケースもあるのです。
また、収入を合算して申し込みが出来るので、借り主さんの年収が少なくても融資資金の上限を大きくする事が出来ます。
この場合、後継者の入居は問わないので、同居別居にかかわらず後継者になる事が可能です。
ただし、入居者は、日本国籍であるか、永住許可・特別永住者の認定を受けている事が条件となります。