犬のローン審査が通らない?審査に落ちたらローンは組めない?【ペットローン】

ペットを購入する際にローンを組むとしたら頭金を納めることをおすすめします。

借入金額が少なければ審査のハードルも低くなりますので安心してペットローンに申し込むことができると思います。

頭金の金額は多いに越したことはありませんが金額は自分で設定することができます。

ただし、犬や猫だと狂犬病やワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金をすべて頭金にするのはおすすめしません。

別途かかる費用としては首輪や餌、ペットシーツなどの小物代も必要になりますし小屋やケージを含めると数万円はかかることを念頭に入れておきましょう。

ペットローンを組みたいけれど年収が低くて審査に通るか不安とか自信がないなどなかなか踏ん切りがつかないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件として「安定かつ継続した収入があること」が挙げられていることが多く明確な年収制限があるのはイオン銀行くらいです。

その他のペットローンでは収入があればパートやアルバイトなどの非正規雇用でもOKというローンが多く収入よりも安定かつ継続して勤務しているということの方が重要視されているようです。

もちろん、収入は多い方が有利ですが勤続年数が長ければ長いほど評価は高くなると言えるでしょう。

他にも、過去にローンの滞納がないか?自己破産歴がないか?など、金融事故歴のほうがよっぽど審査の障害となります。

ペットローンは動物を購入するためのローンになりますが借入には変わりませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

ですから、ローン審査をクリアしない限り気に入った子を見つけてもペットローンは利用できないのです。

ペットショップのペットローンに落ちたという話を聞くことがありますが審査に落ちたという人は、何らかの原因が必ずあります。

これまでに自己破産や滞納歴があったとか携帯電話の支払いを忘れたことがあったりすると、信用情報に傷がついている可能性があります。

その他にも、数社から融資を受けているとか申込時に借入件数や金額を少な目に記載するなど、虚偽申告している場合は問題外です。

ペットローンを用意している銀行や信販会社は色々とありますがいずれのローンでも返済する際には利息必要です。

金利が低い順に並べますと、銀行、信販会社、消費者金融となっており金利が低いほど審査基準が上がると言われています。

銀行ペットローンの金利を例にすると、イオン銀行は年利3.8%から年8.8%、スルガ銀行は年利2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランは、年利6.0%から13.2%となっています。

消費者金融のプロミスだとペットローンはないので、目的ローンという商品になり金利は年6.3%から年16.5%と一番高くなっています。

借入の最大限度額はイオン銀行が700万円で、スルガ銀行は800万円となっていますが消費者金融の借入だと300万円しか融資を受けられません。

クレジットカードで知られているオリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが特に車を購入する際に利用するオートローンは業界のトップをシェアしていることでも有名です。

しかし、オリコにはペットローンはなく、使途が自由な多目的プランを利用することになります。

ペットショップがオリコと提携していればこのローンに申し込むことになりますがオリコの審査は非常に早いので、申込条件に問題なければその場で契約することができます。

金利は6.0%から13.2%、担保や保証人は不要で、借入可能額は10万円から300万円までとなっています。

注意事項としては、オリコから借りるお金が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書が必要になることがあげられます。

住宅ローンを組む際に審査があるようにペットローンにも審査を受けて承認されなければ融資を受けることはできません。

ペットローンを提供している金融機関には銀行や信販会社があるのですが銀行のペットローンは審査が厳しめです。

銀行のペットローンというのは、ペットショップで組むローンよりも低金利なため人気がありますが金利が低いほど審査が厳しいのが一般的です。

返済能力がある人であれば安心して貸すことができるので見返りとして低い金利で融資してあげますよという事なのです。

審査の難易度については銀行のペットローンが一番厳しくその次は信販会社のペットローンと言われています。

銀行と消費者金融にはローンの提供がありますが消費者金融の場合は収入の1/3を超える借り入れはできません。

パート等で収入を得ている主婦であれば消費者金融でローンを組むことができますが、専業主婦の場合は年収がないので融資を受けることはできません。

銀行のローンは総量規制はないので専業主婦でも融資を受けることができますがペットローンは、必ずしも借りられるわけではありません。

スルガ銀行の申請資格に「安定した収入がある方」とありますので条件によっては収入確認資料の提出が必要になることもあります。

参考:犬のローン審査が通らない?審査に落ちたら?【おすすめの組み方】

イオン銀行でもペットローン(犬のローン)はありますが、専業主婦や無職の人は申し込めませんので専業主婦の方は、夫の名義でローンを組みましょう。

ペットローンというローンがない銀行や消費者金融などは目的別ローンなど、使い道を制限し金利を抑えた商品を提供しています。

年利率は、銀行のペットローンが一番低く、次いで信販会社のペットローン、消費者金融となっていますが審査の厳しさは低金利なローンほど難易度があがると言われています。

同じ金融機関でもカードローンのように使い道が限定されないフリーローンもありますが、使途を厳しく制限されている低金利ローンの方が審査は厳しいと言われています。

つまり銀行のペットローンはローンの中でも一番審査が厳しいことが予想されますから審査に通らないという人は、同行のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょう。

銀行カードローンの審査基準は信販会社のペットローン同じくらいとも言われていますので2つの金利を比べてみて、金利が低いほうに申し込むのも良いでしょう。

スルガ銀行は関東では馴染みが浅いですが、静岡県沼津市に本店がある地方銀行で実店舗は5大都市圏に展開しているだけでなくネットバンキングでも全国展開している沼津市指定金融機関です。

通常、銀行では動物を購入する際のローンは多目的ローンの利用となる場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを取り扱っている数少ない銀行です。

スルガ銀行のペットローンは、最大融資額が800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%、支払回数は最大120回払いと非常に良心的なスペックです。

パソコンやスマホで申込が可能で全てWeb完結します。

申請の条件には年齢が20歳以上65歳未満であること安定・継続した収入があることが条件になっています。

ホームセンターのカインズホームではペット用品が豊富に取り扱われている一方、生体の販売は見かけませんね。

しかし、関東地方を中心としたカインズホームで「ペッツワン」というペットショップがあるのをご存知ですか?ペッツワンのペットはカインズホームのHPから確認することができ犬や猫はもちろんのこと、鳥・小動物・観賞魚といったカテゴリー別に検索することができます。

ペッツワンでは特に犬をプッシュしているようで、トップページ上に新着犬がランダムに表示されていますのでビビビと直感する犬に会えるかもしれません。

気に入った子が見つかったら、すぐにお家へ...と思うのが心情ですので手持ちや貯金に不安を感じる場合はペットローンを使うのも有効な方法です。

ペットショップで扱っている生体は数十万円もすることがあるので現金一括払いという人は少数派だと思います。

ペットショップも動物が売れなければ商売になりませんから信販会社と提携してショッピングローンを組めるように対応している店舗が多いです。

ショッピングローンというローンは代金を信販会社が立て替えて購入者は代金を信販会社へ分割払いで返済していくというものです。

クレジットカードでショッピングするのと同じと思われがちですがショッピングローンとは、購入対象の商品だけにローンが適用となるものです。

信販会社と提携しているローンはいわゆるショッピングローンなのでカードが発行されることはありませんし追加融資も受けられません。

ペットも生き物ですからケガや病気になる可能性は十分にありますが残念ながら、人間のような医療保険制度と比較するとまだまだです。

ちょっとした通院でも全額実費になりますので生体代金よりも高くつくことも覚悟していなければなりません。

最近ではペット保険が普及しつつありますが、給付条件が厳しいなど保険に入るメリットを感じられない保険も多く見受けられます。

また、ペットが若いうちは健康ですから、保険の必要性を感じられないためペット保険はまだ入る必要はないとと感じる人も少なくないと思います。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく転んだ時の対策としてペットローンで治療費を工面するという人も増えているようです。

ペットローンを提供している銀行は少なくほとんどの銀行は多目的ローンという目的別ローンで対応しています。

ペットローンというローンを提供している銀行はイオン銀行やスルガ銀行などがあり、信販会社が提供するペットローンよりも低金利で利用できます。

イオン銀行だと年利3.8%から年8.8%で借入金額は30万円から700万円まで、借入期間は1年から8年まで、繰り上げ返済手数料は無料となっています。

スルガ銀行の金利は年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、繰り上げ返済はいつでも無料、借入期間は最大10年となっています。

銀行のペットローンは低金利で限度額が高いのが非常に魅力的ですがそれだけ審査が厳しくなっているのは言うまでもありません。

セディナにはペットローンはありませんが総合目的ローンという商品でローンを組むことが可能です。

総合目的ローンは入院や引っ越しなど大きな資金が入用になった際に利用出来るローンです。

ペットショップから発行された契約書などがあれば使途を証明できるのでペットローンにも利用できます。

申込条件は満20歳以上で完済時の年齢が65歳以下の人、安定継続した収入があり、勤続年数が1年以上と規定されています。

金利は7.8%から11.8%、融資額は5万円から300万円、担保や保証人不要で返済期間は最長5年となっています。

ペットローンを取り扱っている金融機関はまだ少ないですが目的別ローンというサービス名で対応している金融機関は多いです。

融資してくれる金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、総量規制がある消費者金融は、無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも借入可能ですが、ほとんどの銀行で「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされています。

信販会社のショッピングローンについて説明するとペットローンの場合はペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払う仕組みになっています。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格には「安定継続した収入」という項目があることが多いです。