外国債利回りガイド

スマートカードって何?

スマートカードとは、従来の磁気ストライプタイプのカード(カードにテープのような磁気ストライプが印刷されていて、そこに暗証番号などのデータが記録されているタイプのカード。

現行カードのほとんどがこのタイプ)に変わって登場してきた、日本では通常「ICカード」といわれているカードのことです。

スマートカード(ICカード)には、極めて薄い半導体集積回路(ICチップ)が埋め込まれています。

そのICチップ部分に磁気ストライプカードの100倍近いデータを記録することができるようになっているのです。

データの暗号化も可能で偽造が難しいため、磁気ストライプカードよりもセキュリティが高く安心です。

そのため、銀行のキャッシュカードを始めにクレジットカードや電子マネー、社員証、パスカードなど様々な分野のカードがスマートカードに置き変わってきています。

スマートカードには2つの種類があります。

データを読み書きする方式が異なっているのです。

「接触式」と「非接触式」です。

接触式は、カードがもっている端子を端末に接触させることデータを取得する方式です。

自動車のETCカード(カードをETCに差し込むことで機能するようになっています)がこのタイプです。

非接触式は、スマートカード内部のアンテナが、弱い電波を介して端末とデータ更新する仕組みになっています。

全国の鉄道機関で使用されているプリペイドカードはこの形式を使っています。

クレジットカードでは、スマートカードと従来の方式を利用するための磁気ストライプカード両方の機能を備えたものもよく見かけるようになりました。