外国債利回りガイド

国際結婚現状

年々増加の一途をたどっているといわれている国際結婚カップルの数。

「そういえば・・・」と、あなたの身の回りにも国際結婚をした友人がいらっしゃるのではないでしょうか。

異文化や外国語への憧れからか、外国人との結婚を望む日本人は意外と多く、中には外国人との結婚を専門に扱う部署を抱える結婚相談所もあるのだそうです。

しかし「ところ変われば」というように、言葉だけではなく文化や生活習慣も大きく異なる異国籍同士の結婚には、何かと問題がつきもの。

そんな国際結婚の現状とは、いったいどういうものなのでしょうか。

国際結婚する際にまず大変なこと、それは婚姻とビザに関する手続きです。

国際結婚というだけで周りから反対される人もまだ多い現在、やっと周囲を説得して結婚にこぎつけても、まず煩雑でややこしい手続きが二人を待ち構えています。

この手続きの部分だけで「国際結婚ってこんなに大変なの!?」と思う人も多いのだとか。

こうした一連の手続きがすべて済み、やっとの思いで始められた結婚生活。

しかしこの生活の中でも、理想と現実が大きく食い違ってしまうこともよくあるのだそうです・・・。

理想では相手の国の文化や言葉をちゃんと理解してお互いを思いやりあえる、誰もがうらやむような国際結婚カップルになりたいと思っていた。

しかし現実は文化による考え方の違いが大きかったり、カップルのどちらかが母国を離れて生活することで、異文化環境への適応がうまくいかなかった。

もちろん、幸せに暮らしている国際結婚カップルもたくさんいらっしゃいますが、こうした理想とは裏腹な現実を抱えて悩むカップルも多いのが国際結婚の現状なのだとか。

こうした理想と現実のギャップを埋めるのは、やはりお互いへの深い愛情と理解。

何でもよく話し合うことが大切なのでしょうね。