外国債利回りガイド

チークブラシの選び方

チークには、パウダータイプとクリームタイプがあります。

自分の使っているチークのタイプに合わせてブラシも使い分ける必要があります。

パウダータイプのチークは、肌にふんわりとのるし、頬にのせる量も調節しやすいので使いやすいです。

初心者向けのチークです。

パウダータイプ向けのチークは、毛先が丸く、2〜3cm程度の幅があるブラシが使いやすいです。

使うときは、ブラシにチークをとり、手の甲やティッシュの上で2〜3回なで、ブラシの奥までチークを入り込ませます。

これで使いやすくなります。

クリームタイプのチークには、油分を吸収しないナイロン製のチークブラシを選ぶようにしましょう。

クリームタイプのチークはリキッドファンデーションを使うときに、相性抜群になります。

クリームタイプのチークを塗るときは、ブラシの他に、スポンジや指を使ってもいいでしょう。

しかし、どれを使うにしても、横にスライドさせないようにしましょう。

スライドさせると、ファンデーションがよれてしまうのです。

ブラシにチークをのせるときは、一度とったらあとからつけたさないようにしましょう。

頬の前面にふんわりと大きく広げていくと、ナチュラルな感じに仕上がります。

強くこすると、色が濁る場合があります。

ブラシを寝かせて、優しくのせるのがコツです。

だから、あまり固いブラシは選ばずに、柔らかでしなりがいいものを選びたいです。

ナチュラルメイクに合うチークの色は、コーラル系です。